美容皮膚科 若返りの正しい基礎知識

美容皮膚科の基礎知識 効果的な診察が可能

眉間にしわ

美容皮膚科の基礎知識を知ることで、皮膚についての症状にあった診察を受けることができます。

皮膚に関する治療は皮膚科でも可能ですが、皮膚科は病気の治療を保険適用の範囲で行ないますが、美容皮膚科では肌のたるみやしわなどエイジングや美容を目的とした診療を行ないます。通常では保険適用外の自由診療なので、皮膚科よりも費用がかかる印象がありますが、レーザーを使った治療など皮膚科ではやらないような治療を受けることができます。また、美容皮膚科は美容外科のようにメスを使った手術は行なわないため、腫れや痛みなどは抑えることができ、治療や施術をしても周囲に知られることなく日常生活を送ることができ、施術後もメイクをすることが可能です。

美容皮膚科での治療は、たるみやしわ、くすみなどの改善や、ニキビやニキビ跡の治療や美白治療、医療レーザーを使った脱毛、脂肪を溶かす治療でダイエットや痩身、部分痩せなども可能です。さらにわきがや多汗症で悩みがある場合も改善する治療が可能です。

美容皮膚科 手術の基本知識

光をあてる

美容皮膚科というと、皮膚科の美容版のようにイメージされる方もいらっしゃるでしょう。そのため、美容皮膚科では塗り薬や飲み薬での治療が主で手術はないのではないかと誤解していらっしゃる方もおられます。美容外科が行うもの、というイメージもありますね。ここでは、美容皮膚科でも行われている手術の内容について基礎的な知識をご紹介します。

まず、手術というとメスで身体を切り裂く事とお考えになるかもしれませんが、大きな意味では患部を器具で取り除くことを言います。美容皮膚科で行われている代表的なものとしては、レーザーを当てて皮膚の表面に出来た患部を取り除くという方法です。皮膚科なので、患部は目に見える位置にある事がほとんどです。そのため、直接的に取り除くために身体の深い部分まで切り開く必要はないのです。

大きく身体を切ることがないので、患者さんの負担も小さく、しかもとても早く処置が終わってしまう事がほとんどです。例えていえば、歯医者さんの治療に近いイメージでしょう。